理学療法士とは

理学療法士とは

佐々木

院長は国家資格である理学療法士の資格を所有しております。

理学療法士はPhysical Therapist(PT)とも呼ばれます。ケガや病気などで身体に障害のある人や障害の発生が予測される人に対して、基本動作能力(座る、立つ、歩くなど)の回復や維持、および障害の悪化の予防を目的に、運動療法や物理療法(温熱、電気等の物理的手段を治療目的に利用するもの)などを用いて、自立した日常生活が送れるよう支援する医学的リハビリテーションの専門職です。治療や支援の内容については、理学療法士が対象者ひとりひとりについて医学的・社会的視点から身体能力や生活環境等を十分に評価し、それぞれの目標に向けて適切なプログラムを作成します。

理学療法士は国家資格であり、免許を持った人でなければ名乗ることができません。理学療法士免許を取得した後は、主に病院、クリニック、介護保険関連施設等で働いています。近年は、高齢者の介護予防、フレイル予防、健康増進、メタボリックシンドロームなどの生活習慣病に対する指導、スポーツ現場、産業分野など活躍の場が広がっています。

日本理学療法士協会ホームページ

当院は理学療法士による施術が病院以外で受けられる数少ないサロンです

理学療法士には開業権は与えられていません。そのため、専門的知識・技術を持った理学療法士の施術を受けたい場合、主に病院に行かなければなりません。

病院を通じて理学療法を受ける場合にはいくつもの壁があります。理学療法を受けるまでにはいろいろと時間がかかったり、日数制限や施術部位などの制限もあります。そうしている間に症状が悪くなってしまう方もたくいると思います。

そこで私は病院からは離れ当院をはじめました。医師の指示を受けずに施術を行いますので、法律上「理学療法」は行えません。したがって保険も適用されません。しかし、今まで理学療法士として得た医学的な専門知識と技術でみなさんのお身体に真摯に向きあわせていただきます。