【40代~50代の女性に多い肩こり】その要因とは?

40代以降の肩こりの画像

40代~50代で肩こりに悩まれている女性の方は多くいます。本日はその要因について解説していきます。

1. 女性ホルモンの減少(更年期障害)

まず考えられることは更年期障害が関連している場合です。その理由について解説していきます。

更年期障害とは?

更年期障害について日本産科婦人科学会が定義するものを以下にご紹介します。

更年期障害

「閉経」とは、卵巣の活動性が次第に消失し、ついに月経が永久に停止した状態をいいます。月経が来ない状態が12か月以上続いた時に、1年前を振り返って閉経としています。日本人の平均閉経年齢は約50歳ですが、個人差が大きく、早い人では40歳台前半、遅い人では50歳台後半に閉経を迎えます。

閉経前の5年間と閉経後の5年間とを併せた10年間を「更年期」といいます。更年期に現れるさまざまな症状の中で他の病気に伴わないものを「更年期症状」といい、その中でも症状が重く日常生活に支障を来す状態を「更年期障害」と言います。

更年期障害の主な原因は女性ホルモン(エストロゲン)が大きくゆらぎながら低下していくことですが(図1)、その上に加齢などの身体的因子、成育歴や性格などの心理的因子、職場や家庭における人間関係などの社会的因子が複合的に関与することで発症すると考えられています。

更年期障害|公益社団法人 日本産科婦人科学会 (jsog.or.jp)
図1

更年期障害の症状

  • ほてり・のぼせ
  • めまい
  • 動悸
  • 肩こり・腰痛・頭痛・関節の痛み
  • 冷え
  • 疲れやすい
  • 不眠
  • イライラ
  • 気分の落ち込み 
  • 自律神経の乱れ など・・・

更年期障害には様々な症状がありますが、症状の有無や強さなどは個人差も大きいと言われています。

更年期障害と肩こり

女性ホルモンのエストロゲンが減少すると、筋肉などへの血液の循環が悪くなります。血流が低下することで筋肉は酸素・栄養不足になり肩こりにつながると言われています。

2. 筋肉量の減少

40代以降になってくると、加齢に伴った筋肉量の減少も起きてきます。特に、もともと筋肉量が少ない女性では首や肩を支える筋肉が減少し、肩こりを感じ始める方もいます。

3. 視力低下・老眼

視力低下や老眼が始まるのも40代と言われています。視力低下や老眼は眼精疲労につながり、肩こりの要因となりえます。 眼精疲労では目の周りの筋肉が酷使され、常に緊張した状態が続くことで、首や肩周りにも負担が増加することで肩こりになります。眼精疲労が起こるシチュエーションは不良姿勢になる場面も多く、これも肩こりにつながりやすくさせています。

4. ライフスタイルの変化が大きい

40代、50代になると、仕事においては責任ある立場を任されることも多くなります。家庭においては子供が大きくなるにつれて、教育資金が負担になってくる場合もあります。また、両親が高齢になり、介護が必要な場面が出てくる場合もあるかもしれません。このように40代、50代にはストレスとなりやすいライフスタイルの変化が大きくあります。ストレスによって自律神経が乱れることで、肩周りの筋肉の緊張の増加や血流の悪化などにより、肩こりを引き起こします。

5. それ以外の要因

40代以降での女性の肩こりに着目して解説してきましたが、病気・不良姿勢・仕事環境・体の癖・衣服の影響など肩こりの要因は他にたくさんあります。下記の記事も、合わせてご参照ください。

肩こりの画像
考える人の画像

まとめ

40~50代は、身体的にもライフスタイルにおいても、変化が激しい時期となりやすいです。今まで肩こりでなかった人でも、肩こりになることもあります。

肩こりにはいろいろな要因があり、どれか一つだけの問題で肩こりになっていることは稀です。

とりあえず、湿布を貼ったり薬を塗ったり飲んだりしている。そのような状況が続いているならば、肩こりを引き起こしている要因をはっきりさせ、根本的に肩こりにならないような状態にすることが大切です。

その方が身体も楽になり、肩こりを気にせず過ごせるので時間が多くなります。