腕のしびれ

腕のしびれは神経や血管の障害

腕のしびれは、主に首から腕にかけて繋がっている神経や血管が圧迫されたり、引き伸ばされたりすることで起こります。

「肩を動かすした時に腕の痛みとしびれが走る。」「朝や寝起きに腕や指がしびれている」「首を動かすと腕にしびれが出る」「常に腕の一部がしびれている」など症状は様々です。

症状やしびれている部分によって、神経や血管が障害されている部分がある程度予測できますので、治療行う上でどの部分が何時しびれるのかは大切な情報になります。

腕のしびれを引き起こす主な病気としては、頚椎症性神経根症や頸椎ヘルニアなどの首の部分での神経の圧迫、腕の部分の神経が障害される末梢神経障害、斜角筋症候群などの胸郭出口症候群という神経や血管の通り道が狭くなることでしびれを引き起こすものがあります。

腕のしびれを悪化させる要因

腕や指の使い過ぎ

仕事や家事などで指や手首に負担がかかる作業を長時間続けていると、腕の筋肉や腱が酷使され腫れやむくみを引き起こし、そのことで神経の通り道が狭くなりしびれを引き起こします。

一度しびれが出てしまうと改善にある程度の時間が必要になります。パソコンやスマホでの長時間作業など指や手首を使う作業を行う場合は、適度に休憩を取り、ストレッチやマッサージで疲労物質を流すことで予防につながります。

猫背や巻き肩などの不良姿勢

不良姿勢も腕のしびれを悪化させる要因の一つです。猫背、巻き肩、なで肩、ストレートネックなどは首からの神経や血管の通り道が狭くなる姿勢です。

その他にも、首の病気である頚椎症性神経根症や頸椎ヘルニアは、首に負担のかかる体の使い方や癖、姿勢によっても引き起こされることがあります。

まずはしびれを抑え、症状の出ない体作りを

まずはしびれの症状を抑えるために、神経や血管にストレスがかかっている箇所の負担を減らします。神経や血管自体も炎症を起こしていたり、動きが悪くなっている場合もあります。

DNM(デルモ・ニューロ・モジュレーティング)は、皮ふからの優しい刺激で神経への負荷を解きほぐします。神経の流れが良くなることで血流の改善も図れます。

症状を抑えた中で筋肉の柔軟性や、関節の可動域、姿勢改善のための運動などを行うことで、効率的にしびれの改善を図れます。

そのため、まずは神経系へのアプローチをすることが重要になります。

痛み・しびれを緩和する神経調整

神経の働きを整えて、体の中から筋肉の緊張を緩和します。直接神経へのアプローチは痛みやしびれの軽減、体の動きの変化をすぐ体感することができます。

痛み・コリを取る筋膜リリース

凝り固まった筋肉や筋膜に対して最適な方法で緊張を解きほぐします。柔軟性や血流を改善し、痛み・しびれがスムースに軽減していきます。

体を柔らかくする関節調整

動きの悪い関節を調整します。関節内の小さな動きから整えることでスムースに関節が動くようになります。可動域の改善、痛みやしびれの軽減を図ります。

姿勢改善トレーニング

体操やトレーニングを通して症状や姿勢の改善を行います。体のコンディションを高めることで、症状が再発しずらい安定した状態になっていきます。