肩の痛み・四十肩・五十肩

肩の痛みの原因は、肩だけではない

五十肩・四十肩の正式名は、肩関節周囲炎と言います。肩関節周囲炎とは肩周りの炎症によって、肩の痛み、肩の動く範囲が制限されていることの総称です。

レントゲンやMRIで異常が見つからないのが特徴です。50歳代を中心とする40〜60歳代の方に多くみられることから、五十肩や四十肩と呼ばれることもあります。また、夜寝ていて肩が痛む。朝起きた時に肩が痛むなどの症状が出る場合もあります。

肩関節は様々な動きができるとても自由度の高い関節です。腕をいろいろな方向にスムーズに動かせることは、日常生活を送る上でとても重要なことです。

自由度の高い動きを実現するために、肩関節は大小さまざまな筋肉がバランスを取り合い協調して働きます。しかし、肩関節の動きは肩周りだけで成り立っているのではありません。

肩・肩甲骨・鎖骨は連動していることはもちろん、背骨や肋骨などの体幹部分だけではなく、骨盤や股関節などの下半身も連動しています。

試しに膝を曲げて、背中を丸めた状態でバンザイをしてみてください。おそらく普通に腕を挙げた時よりも挙がりにくいと思います。

肩の痛みは蓄積したダメージ

肩関節で起る炎症は、怪我や加齢に伴う体の変化のほか、特定の繰り返し動作による負荷の蓄積、体の使い方や癖、不良姿勢などで肩の動きが悪くなっていることに気づかず、肩に無理な力がかかり続けることで、筋肉や腱、神経などにダメージが蓄積していくことで発症します。

一度痛みが出てしまうと、その痛みを無意識に避けようとして不自然な動きを繰り返すようになり、より多くの負担が肩にかかることで、なかなか痛みが治らないという悪循環に陥ります。

肩の痛みは長引きやすいと言われています。できるだけ早い段階で対処することが大切になります。

痛みに効果的な皮神経へのアプローチ

肩へのアプローチをしていく場合には、まずは痛みを抑えることが重要な要素になります。

痛みが強い状態では、ストレッチや筋力トレーニングなども効果的に行うことは難しいです。

そのため、まずは痛みを抑えるために神経へのアプローチを行います。痛みを抑えることで関節の可動域が広がり、筋力トレーニングや運動療法を効率的に進めることができるようになり、早い段階での回復が可能になります。

併せて姿勢の改善や肩に負担のない体の動かし方などを学習していき、着実に肩の痛みを改善方向に導いていきます。

肩は関節内の動きが悪くなりやすい

五十肩や四十肩で、長い期間痛みが続いているほとんどの方で、肩の関節内の動きは悪くなっています。

関節内の動きが悪くなることで、腕を挙げた際に途中で痛みや引っかかりを感じ、それ以上腕を挙げられなくなります。この状態で無理をして肩を動かし続けていると、肩の関節周りの組織にも炎症が広がってしまい、治りを悪くしてしまいます。

そのため、肩関節本来の動きを取り戻す関節調整を行います。スムーズな関節の動きは、痛みや可動域改善に大切です。

痛み・しびれを緩和する神経調整

神経の働きを整えて、体の中から筋肉の緊張を緩和します。直接神経へのアプローチは痛みやしびれの軽減、体の動きの変化をすぐ体感することができます。

痛み・コリを取る筋膜リリース

凝り固まった筋肉や筋膜に対して最適な方法で緊張を解きほぐします。柔軟性や血流を改善し、痛み・しびれがスムースに軽減していきます。

体を柔らかくする関節調整

動きの悪い関節を調整します。関節内の小さな動きから整えることでスムースに関節が動くようになります。可動域の改善、痛みやしびれの軽減を図ります。

姿勢改善トレーニング

体操やトレーニングを通して症状や姿勢の改善を行います。体のコンディションを高めることで、症状が再発しずらい安定した状態になっていきます。