転倒により、右坐骨神経痛により歩くのが困難になった80代女性【症例紹介】

坐骨神経痛

北綾瀬の整体 プライベートケアサロンStepの佐々木です。

今回は症例のご紹介です。

年齢:80代  性別:女性

症状:右のお尻~脚の裏がしびれる・つっぱって痛い 杖を着かなくては歩けなくなった

希望:痛みを取りたい

今回の症例の方は、来院7ヶ月前に転倒し、それ以来、右の坐骨神経痛様の症状が続いている方です。

はじめのころに比べて、症状は少し落ち着いたようですが、そこから良くならないとのことでお見えになりました。

転倒前は杖を着かず歩いていたとのことですが、今は杖を着かなくては痛みやしびれが強くて歩けない状態になっていました。

坐骨神経・上臀皮神経・脊髄神経後枝などの神経の影響が強そうでした。神経の通り道が狭くなっていることで症状が出ている様子でした。

坐骨神経
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: joudennpi.jpg
上殿皮神経
脊髄神経後枝

上記の状態を改善するアプローチを行うことで、徐々に痛みとしびれが改善していき、今は30分杖なく歩けるようになりました!

  • 坐骨神経痛で悩んでいる
  • 時間が経っても痛みとしびれが治らない
  • 脚に痛みとしびれがあって歩けない

このような方はぜひ当院にお越しください。改善のお役に立てると思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。