マッサージやストレッチで肩こりが悪化してしまう!?

肩こりの画像

肩こりの方でマッサージやストレッチを試そうと思っている方は少し注意してください。肩こりの中には、マッサージやストレッチで悪化してしまう肩こりもあります!

例えば、なで肩の人の肩こりです。なで肩とは、肩の位置が通常の人より、下がった位置にあることです。

通常、なで肩の人は腕を支える筋力が低下していることにより、腕の重みによって肩が下がった状態となり、筋肉や神経、血管などが過剰に伸ばされた状態が続くことによって肩こりの症状を引き起こします。

その場合、肩が凝っているからといって、凝っている肩のマッサージやストレッチを行ってしまうと、さらに「なで肩」が助長されてより症状が悪化する場合があります。マッサージやストレッチを行った時は、一時的に楽に感じるかもしれませんが、後々症状が悪化してきた場合は注意が必要です。

肩こりにもいろいろな要因がありますので、きちんとした問診・検査を行っての介入が重要になります。マッサージやストレッチで肩こりが悪化してしまった経験がある方は、一度当院にご相談ください。