【辛い肩こり】整体がおすすめな理由

辛い肩こりの画像

肩こりに悩まされている方は多くいます!

2019年の厚生労働省「国民生活基礎調査」によると、有訴者率(病気やけが等で自覚症状のある人の割合)は、症状別に男性は「腰痛」が最も高く、次いで「肩こり」「せきやたんが出る」、女性では「肩こり」が最も高く、次いで「腰痛」「手足の関節が痛む」となっています。2019年の人口は約1億6,000万人であり、その中で、女性の「肩こり」、「腰痛」の有訴者はそれぞれ約1,400万人と10人に1人は症状があり、男性の「腰痛」は約1,150万人、「肩こり」は約720万人と、とても多くの方が症状を抱えている現状があります。

肩こりがひどくてお悩みで、どこに行ったらいいのか?何をしたらいいのか?と色々不安になられている方に、肩こりの人が整体がおすすめな理由を解説させていただきます。

肩こりに整体がおすすめな理由

1. 整体では全身を診てくれる

肩こりの要因には様々なものが考えられるます。(姿勢の崩れ・筋力低下・神経の圧迫・・・etc)。そのため、しっかりとお話をお聞きしてお体を全体的に検査していく必要があります。肩こりだからといって、肩だけに問題があるわけではありません。整体では全身の状態を考慮した施術を行いますので、肩こりの改善に有効です。

肩こりの画像

2. プロの施術が受けられる

自分で肩こりを何とかしようと思って、ストレッチや運動などをしている方もいると思います。中には自己流でよくなる方もいるかもしれませんが、多くの方の場合あまり症状が改善されません。こちらについても、やはり肩こりの要因には様々なものがあり、それによって対処する方法が変わってくるため、自己流での解決は難しいです。整体ではプロの目によって、自分では気づかなかった問題を見つけてもらうことができ、適切な対処をすることで肩こりが改善します。

3. マッサージとの違い

もちろんマッサージで肩こりが改善する場合もあります。しかし、それは肩こりが筋肉の凝りで発症していた場合だけです。肩こりは神経や関節の問題でも発症します。やはり肩こりの引き起こしている要因を詳しく調べることが重要になります。整体では筋肉の問題はもちろん、他の問題も考慮した施術を行います。

4. 病院じゃダメなの

病院ではレントゲンなどの画像診断が行えることはとても意義があることです。しかし、画像の状態と症状は一致しないことも多いと言われています。また、病院では注射や服薬などの対症療法的な対応が中心となるので、肩こりを発生させている本当の要因 (姿勢の崩れ・筋力低下・神経の圧迫・・・etc) には対応していないこともあります。

5. こんな症状のときは病院に!

  • 腕にしびれがある
  • 腕の力が入らない
  • めまいやふらつきがある
  • 吐き気や強い頭痛がある

上記の様に、肩こり以外にも強い症状がある場合は、まず病院を受診することをお勧めします。病院で診察してもらい、病名が分かってから整体に通うのが良いと思います。病院と併せて整体に通うことで、早く症状を改善することができます。

6. あまりおすすめではない整体院

整体院にも色々なところがあり、コンセプトも様々です。その中でも、私としてはあまりおすすめできない整体院の特徴を下記に記載しました。

  • あまり問診しない、話を聞いてくれない
  • 決まった型の施術で行っている
  • 肩こりで肩しか診てくれない
  • 整体師が民間資格者の場合(国家資格保持者を選びましょう!)
  • 1回で治るなどの誇大な表現を使っている

最終的にはご自分に合うところであれば良いと思いますが、一つの判断材料として参考にしていただけたらと思います。

まとめ

整体では肩こりが何によって引き起こされているのか、その要因を探っていきアプローチしていきます。ただ肩こりの症状を軽くするだけでなく、根本的に肩こりを引き起こさないような身体の状態にすることを目標にしています

なかなか治らない肩こりでお悩みでしたら、ぜひ一度整体をお試しください。