痛みとは

痛みの画像

そもそも痛みとは何でしょうか?

痛みには定義が定められており、2020年に41年ぶりに改訂されました。

それが、

(痛みとは)「組織損傷が実際に起こった時あるいは起こりそうな時に付随する不快な感覚および情動体験、あるいはそれに似た不快な感覚および情動体験」

痛みの定義・改訂版(2020 年:IASP 公式日本語訳)

です。

要約すると、

(痛みは)「怪我が実際に起こった時や起こりそうな時に付随する、不快な感覚や感情、あるいはそれに似た不快な感覚や感情」となりました。

ここで注目するところは、実際の怪我がなくとも起こりうる痛みの存在を明確にしたことです。

また、この定義には「6つの付記」があります。

  1. 痛みは常に個人的な体験であり、生物的、心理的、社会的要因によってさまざまな程度で影響を受ける。
  2. 痛みと侵害受容は異なる現象です。感覚ニューロンの活動だけから痛みを推測することはできない。(痛みが起きるような刺激がなくても痛みは起きることがあるということ)
  3. 人生経験を通じて、個人は痛みの概念を学ぶ。
  4. 痛みとしての体験に関する訴えは尊重されるべき。
  5. 通常、痛みは適応的な役割を果たすが、機能、社会的、心理的な幸福に悪影響を及ぼす可能性がある。
  6. 言葉による説明は、痛みを表現するいくつかの行動の1つに過ぎない。コミュニケーションがとれないことは、人間または人間以外の動物が痛みを経験する可能性を否定するものではない。

難しい内容ですが、まとめると、

・怪我があるから痛みがあるではなく、怪我がなくても痛みは起こる。

・痛みは、個人的な感覚や情動体験であり、その人の人生経験により構成され、健康に悪影響を及ぼす可能性がある。その人にしか分からないもの。

ということです。

今まで、痛みについては組織の損傷(怪我など)に注目されていました。しかし、心理的な問題や個人の人生経験によって違いが生まれることなど、今まであまり注目されていなかった痛みの複雑さについても注目されるようになりました。

痛みは本当に人それぞれで、感じ方も違います。とても複雑なものであり、いくつもの要素が絡み合って痛みを感じます。

あなたの痛みも同様です。特に、怪我などがない、肩こりや腰痛、膝の痛みなどの慢性的な痛みは、なかなか理解してもらえなかったり、すぐに良くなるものではないかもしれません。

しかし、私は自分にできる精一杯のことであなたと向き合い、痛みの改善に尽力いたします。

痛みでお悩みの方は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。