痛みはとても複雑

痛みはとても複雑なもの

痛みはとても複雑なものです。

どこかにケガをしてしまった場合は当然痛みを感じます。また、神経が傷ついている場合や圧迫されている場合にも痛みを感じます。

ケガをした場合でも皮膚、皮下組織、筋膜、筋肉、靭帯、軟骨、骨、神経、血管など何がケガをするかによっても変わってきますし、何か所も問題を抱えていることもあります。

同じ場所の痛みであったとしても人によってケガをしている場所も違いますし、感じ方も違います。

その他にも、明確なケガがないにも関わらず、心理的な要因(ストレスなど)や社会的な要因(人間関係など)によっても、脳自体が痛みを感じてしまったり、痛みを増幅させたりすることが知られています。