股関節の痛み

股関節は体を支えている

股関節とは足の付け根にある関節のことです。肩関節の次に動きが大きい関節であり、体重を支えている重要な関節です。

股関節にかかる負荷は歩いている時に体重の3~4.5倍、階段の昇り降りでは6.2~8.7倍の負荷がかかると言われています。例えば、体重60kgの人なら、歩くだけで股関節にかかる負荷は180~270kgにもなります。

股関節の病気としては主に変形性股関節症があります。変形性股関節症とは、股関節のクッションの役目を果たしている軟骨の摩耗などにより、骨が変形することで、痛みや動かしづらさ、両足の長さの違いなどが生じる病気です。

その他にも生まれつき股関節が浅い臼蓋形成不全、大腿骨頸部骨折などの骨折による後遺症などがあります。

体の使い方で股関節への負担は変わる

股関節は足の付け根から上の体幹などを支える重要な関節です。そのため、体重のかけ方、体の使い方によって股関節の負荷は大きく変わってきます。

姿勢の崩れ、股関節周りの筋力低下がある場合、体のコントロールが上手くできず、股関節の負担が過剰になる動きをしている方を多く見受けます。

その状態が長く続くことで股関節にストレスが蓄積し、痛みや変形を助長する要素になっています。

見逃される皮神経からの痛み

股関節周りの痛みで、よく見逃されるのが皮神経の影響です。あまり知られていないこともあり見逃されることがあります。

整形外科や接骨院に通っているのに、なかなか良くならない股関節痛の場合、股関節周りの神経による痛みかもしれません。

神経調整では直接神経にアプローチすることが可能なため、効果的に痛みを改善することができます。

痛み・しびれを緩和する神経調整

神経の働きを整えて、体の中から筋肉の緊張を緩和します。直接神経へのアプローチは痛みやしびれの軽減、体の動きの変化をすぐ体感することができます。

痛み・コリを取る筋膜リリース

凝り固まった筋肉や筋膜に対して最適な方法で緊張を解きほぐします。柔軟性や血流を改善し、痛み・しびれがスムースに軽減していきます。

体を柔らかくする関節調整

動きの悪い関節を調整します。関節内の小さな動きから整えることでスムースに関節が動くようになります。可動域の改善、痛みやしびれの軽減を図ります。

姿勢改善トレーニング

体操やトレーニングを通して症状や姿勢の改善を行います。体のコンディションを高めることで、症状が再発しずらい安定した状態になっていきます。