慢性腰痛 長く歩くのがツライ70代男性【症例紹介】

慢性腰痛の画像

北綾瀬の整体 プライベートケアサロンStepの佐々木です。

今回は症例のご紹介です。

年齢:80代  性別:男性

症状:慢性的に腰痛あり 腰痛で長く歩けない

希望:痛みを取りたい 痛みなく歩ける距離を伸ばしたい

今回の症例の方は、5年以上の慢性腰痛の方です。特に何かあったわけではなく、徐々に腰痛が出現し、それが続いている状態でした。

お体を診たところ、腰が曲がり、頭が前に出ている姿勢でした。背骨の硬さも確かにみられましたが、この方の場合は股関節の伸展(脚を後ろに動かす範囲の)硬さが一番の問題でした。

股関節伸展

股関節伸展が硬いことで、膝が曲がり、腰が曲がった姿勢になっていました。

姿勢

腰に痛みがあるので、腰へのアプローチを考えてしまいがちですが、体は繋がっているので全身を評価していく必要があります。この方の場合、股関節の前側の硬さを取ることが、症状の改善への近道でした。

4回目までの施術で症状は落ち着きましたが、定期的にメンテナンスに通っていただけております。

  • 慢性腰痛に悩んでいる
  • 腰痛で腰に電気やマッサージをしているけど治らない
  • 姿勢を改善したい

このような方はぜひ当院にお越しください。改善のお役に立てると思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。